v

パート10:新しい軌道に乗る

著作家、教育者、哲学者であり神学者でもあるD.エルトン・トゥルーブラッド氏は、新しい信者が経験する変化の大きさについて興味深い考察をしています:「新しい性質にも限界があって、いまだに間違いを起こしうるし、実際に間違いを起こします。しかし、それが重要なのではなく、大切なことは、人間の力が新しい形で使われ、威厳を伴って新しい方向に動いていくということなのです。最初は不安定に動き回っている衛星のようですが、やがて動きが安定して新しい軌道に乗るのです。」私がキリストに人生を委ねた時を振り返ってみると、まさにそれが私に起こっていたのです。私もうろうろ動き回る衛星のようでしたが、愛する父の寛容、忍耐、そして慈悲によって、私の人生は安定しました。私は、新しい軌道に乗り、神の家族の一員として迎えられたのです。

» パート11: 一生の旅