パート5:修復

私たちの旅は、ひとっ飛びに先へ進みます。新約聖書の記述を見てみましょう。

ヨハネという名前の特別な預言者が生まれました。洗礼者ヨハネは人びとに悔
い改め、生き方を変えて、罪の赦しを受けることを奨めました。大変多くの人がそれに応えて、間違った生活を改める証しとして洗礼を受けたのです。

ヨハネは、完全な修復をもたらす方の道を用意するために来たのです。彼は、人びとに出来る限りのことをしました。そして彼は、神のご意向によって、問題の根本つまり罪という人間の本性に取組む別の方がやって来ることをはっきりと伝えたのです。

洗礼者ヨハネに応えて自分たちの罪を悔い改めた時、人びとの心は罪という根本問題に対処する準備ができます。そして、人間の姿をした神の完全なる子イエス一人だけが、この問題の根源を取扱う信任を与えられたのです。

イエスは、いくつかの点においてアダムに似ています。二人とも罪がなく生まれています。二人とも罪に誘惑されましたし、罪を犯すことはありえます。しかし二人は大きく異なる方向に行きました。アダムは誘惑に負けたのに対し、イエスは負けませんでした。彼は、人間が生きるべき完璧な生き方の例となるべく完全な生涯を過ごしました。
彼の人生だけでなく、彼の死と復活は私たちの生まれ変わりの基本になるのです。それは、イエスが行ったことのユニークさとその内容を理解するためにとても重要です。ではこの歴史的な分岐点を見てみましょう。ある著述家は、これを「歴史上で最も偉大なこと」だと言いました。

» パート5: 修復